葬儀に関する知識と情報を集めて準備をしよう

出費を考える

予想外の出費を頭に入れておく

葬儀の費用については、葬祭業者から見積もりを出してもらうので分かります。見積額より増えることも多いですが、最近ではそれが当たり前と考えられています。しかし、葬儀の際は予想外の出費が多くなると言うことを頭に入れておきましょう。 地方から来た親族の宿泊代や飲食代は代表的です。他にも、近所の方に葬儀で必要な物を借りたら、お礼として金一封を渡すか、お礼の品を渡すことが一般的です。また、葬儀の後に故人が亡くなったことを知る人もいます。そう言う人達が訪ねてきたら、接待費が必要になります。こう言う出費は気づいたら大きかったと言うことが多いです。しかし、最初から細かい費用のことも考えておけば、慌てることはほぼありません。

注目されているのは無宗教葬

年々、葬儀にかける費用は少なくなっています。また、多くの人が訪れると遺族の負担が大きくなると言うことで、家族葬や密葬を希望する高齢者が増えました。 最近の結婚式では、形式やしきたりにとらわれず、自分らしさを式に反映させるオリジナルウェディングが好まれています。葬儀にもその流れが少しずつ来ていて、従来のしきたりにとらわれない葬儀をしてほしいと言う人が多くなってきました。そこで注目されているのが無宗教葬です。 無宗教葬には決まった式次第はありません。しきたりや形式が無いので、従来の葬儀と比べて故人をより偲ぶことができると言う声があります。また、無駄な費用を省くことができると言うところも注目されています。