葬儀に関する知識と情報を集めて準備をしよう

形式にあった対応

費用の捻出が困難なら

最近の葬儀は、費用が明確になってきており、最初に出してもらった見積もりの額より大きく増えると言うことは少なくなってきています。また、葬儀には数百万円必要になることが多かったですが、十万円台で行えるものも増えてきました。 最近は家族葬が浸透してきています。家族葬は従来の葬儀より、お金がかかりません。豪華な葬儀をしてあげたくても、そのための費用の捻出が困難と言う家庭も増えました。家族葬を選択すれば費用がかからないので、負担がかなり軽減されます。しかし、経済的な理由だけで家族葬が増えているわけではありません。近親者だけの葬儀は、簡素なれど心のこもった式ができます。そう言う理由で家族葬を選ぶ人もいます。

新しい葬儀のスタイルだけに

家族葬はかつて密葬と言われていました。しかし、密葬と言う言葉が持つ暗いイメージを払拭するため、家族葬と言われるようになったのです。 都会を中心に浸透してきている葬儀のスタイルですが、地方においてはまだまだ浸透していないと言えます一般会葬者を招かないと言う点は、理解されにくい部分でもあります。ですから、周囲の理解を得るための配慮が必要です。 周囲の人に家族葬を終えた知らせと、なぜ家族葬だったのかと言う理由を記した挨拶状を送ることが多くなっています。 また、最近では家族葬の後に、故人がお世話になった人たちへの感謝を表すためにお別れ会を催すことも増えてきました。場合によっては、故人の友人が主催することもあります。