葬儀に関する知識と情報を集めて準備をしよう

費用を抑えて行う

家族葬にまつわる豆知識

ここ最近家族葬というのを聞くようになってきました。家族葬というのは具体的な定義はなく、「少人数で行う仏式の葬儀」のことを家族葬という場合が多いそうです。一般的な仏式の葬儀は仮通夜、本通夜、葬儀、告別式という流れで進みます。しかし、家族葬はごくシンプルな流れになっていて、通夜は半通夜のみ、葬儀と告別式はまとめて行うケースが多いようです。また、一般会葬者を招かず、身内や知り合いだけで通夜から告別式までを行うのも特徴です。一般会葬者がいない分、香典返しや返礼品の準備も必要なく、小さな斎場を借りればできるのでコストを抑えることができます。また、アットホームな雰囲気の中でお別れができる点でも人気があります。

コストを抑えて葬儀をするには

今は工夫することでコストを抑えて葬儀が出来る時代です。もっともコストを抑えて出来るのが火葬式や直葬です。火葬式や直葬は、その名の遠り、遺体を荼毘に付すだけで終わります。特別な儀式を行うわけではないので、火葬にかかる費用だけで葬儀ができます。 昔なら火葬だけするのは経済的な余裕がない人だけに限られていました。しかし、今は経済的な理由だけではなく、葬儀に呼ぶ知り合いがいないために火葬だけ済ませる人が多くなっているそうです。 その他に無宗教葬というのもあります。僧侶を読んでの読経やお焼香などがないので、お布施代を抑えることができます。このように常識にとらわれない葬儀が普及してきたことにより、昔のように100万円単位の費用をかけなくても葬儀ができる時代になっています。