葬儀に関する知識と情報を集めて準備をしよう

新しいスタイルの墓

最近注目されている夫婦墓について

 夫婦墓をご存知でしょうか。夫婦墓とは生きている時に夫婦だった2人がそのまま2人だけで入るお墓のことで、これまで一般的であった代々継承していくお墓とは全く別の考えを基に考案されたものです。  夫婦墓が注目されている一番大きな理由は、現代の時代背景にあると考えられます。核家族化、少子化、高齢化社会という流れの中にある現代において、家やお墓を継承するという概念は弱まり、自分達の死後経済的にも精神的にも子供に迷惑をかけたくないと考える方も増えてきています。後継ぎが必要なく、永代供養も可能なこの夫婦墓というシステムは、時代のニーズに応じて生みだされたものであるといえるでしょう。現在は納骨堂タイプや樹木葬タイプなどがありますが、今後ますますさまざまなかたちの夫婦墓が増えていくことが予想されています。

自分達の意思をかたちに残しておこう

 自分達も夫婦墓という選択をしたいと思っている場合には、その意思をわかりやすいかたちで残しておくことが大切です。たとえば、エンディングノートに記す場合には、どこに、どのようなかたちでと具体的に書くことが重要です。自分の死後についての準備や手配をするのは残された遺族ですから、自分の思いが伝わるように分かりやすく記入しておきましょう。また、生前から自分達で夫婦墓を用意しておくという方法もあります。現在は早くから死後の準備をしておく方が増えてきており、生前相談や生前予約を受け付けているところも多く存在しています。自分達で用意することができればかかる費用やシステムについても納得いくまで比較・検討することができますし、残された家族にかけるであろう負担も減らすことが可能です。